節約

電力会社を切り替えた感想、メリットとデメリットを解説します

僕、会社で総務的な業務も担当することがあるんですけど…

電力会社変更しました。

結構軽いノリでほいほい~と切り替えたんですけど、結構な経費削減になって上司からえらい褒められました。

というわけで、実際に切り替えてみての感想や、切り替えのメリット・デメリットを解説します

電力自由化ってなんだ?

私たち消費者が自由に電力会社を選べる仕組みのことで、2016年4月から始まりました。

それまで家庭向けの電気については、東京電力や関西電力など各地域の電力会社のみが販売を許される独占市場でした

それが自由化になることで、600以上もの電力会社の中から好きな会社、好きなプランを先手くできるようになったんです。

実際に新電力に切り替えた感想

実際に新電力に切り替えてみての感想ですが、

なーんも不自由なく今まで通りです。

ただただ電気代が安くなっただけです。

ほとんどの会社の同僚は、電力会社が変わったことに気づいてません。

それくらい変化なく今まで通り快適に電気の恩恵を受けています。

電力会社を切り替えるメリット

電気代が安くなる

何といっても、最大のメリットは電気代が安くなることです

当然ながら100%安くなるとは断言できませんが、一般的な家庭であれば、年間の電気代が1万円程度安くなると言われています

劇的に安くなる!!というわけではありませんが、それでもありがたいですよね。


一方、ある程度大きな電力を使用する企業であれば、削減効果はかなり高くなります。

僕の会社では2019年の4月から新電力に切り替えましたが、電気代を切り替え前後で比較するとご覧の通りです。

そもそもの電気使用量の違いもありますが、1年前と比べると同時期で3,225,773円電気代が安くなっています

削減率は約22%です

もちろん全てのケースでこれほどの効果がでるとは限りませんが、それぞれの使用状況に応じて最適な会社やプランを選べば、少なからず節約効果が期待できます。

セット割引やポイントサービスなどでさらにお得になる

電力自由化には、電気小売事業を専門とした会社だけではなく様々なジャンルの会社が参入しており、それぞれの会社が本来得意とする分野と組み合わせてお得なプランを提供しています

例えばガス業者であれば電気・ガスのセット割を販売したり、通信業者であればインターネット回線の割引を行ったり、中には支払った電気料金に応じて仮想通貨を付与してくれるなんてプランもあります。

また、電気料金の支払いでTポイントなどのポイントが溜まるものもあり、それぞれのニーズやライフスタイルに合ったプランを選ぶことが可能です。

環境に配慮した電力会社を選ぶことも可能

新電力会社の中には、100%再生可能エネルギーを提供している会社や、大手よりも大幅にCO2排出量が少ない会社など、「エコ」な電力を提供してくれる会社が多くあります

そういった会社を選ぶことで環境負荷低減に貢献できるという点も、新電力に切り替えるメリットの1つと言えます。

電力会社を切り替えるデメリット

電力会社を切り替えることで発生するデメリットとしては、プランによっては契約期間に縛りがあり、途中解約時には違約金が発生する場合があるということです。

携帯電話の解約違約金をイメージしてもらえばいいかと思います。

実際に違約金を設けている電力会社は多くはありませんが、切り替え時には解約時の条件を確認しておきましょう。

電力会社の比較や切り替え手続きが大変なんじゃないの?

切り替え自体はWEBなどで申し込むだけです。

15分もあれば終わります。


また、現在利用している電力会社の解約手続きは必要ありません

新しい電力会社に申し込めばおおよそ3週間程度で自動的に切り替わります。


なお、申し込みをする際には毎月の検針票を手元に準備しておくとスムーズです

申し込み時に必要となる情報はだいたい検針票に書かれてあります。


でも、数ある電力会社の中から自分に合った会社やプランを探すのは少し大変ですよね

そういった場合は、一括見積サービスを利用すると楽です

「新電力 一括見積」などで検索すると、複数のサービスが出てきます。

私もこのサービスを利用し、会社の電力を切り替えました。


ただし、一括見積と言ってもすべての電力会社を比較できるわけではありません。

あくまでも一括見積業者が提携している電力会社の中での比較になりますので、その点は理解した上で活用してくださいね

ちゃんと安定的に電力供給されるの?

この点は全く心配ありません

新電力への切り替えによって停電が増えることなんてことはありませんし、契約した電力会社が万が一倒産してしまっても電力供給が止まることはありません。


電力自由化になったとはいえ、国は電力の安定供給のためのルールは設定しており、仮に新電力会社が何らかのトラブルで十分な電力を確保できなかった場合、 既存の大手電力会社(東京電力など) が不足分を補うことになっています

もちろん、新電力会社はこうした場合に罰金のようなものを既存の大手電力会社に払う必要がありますので、そうならないように安定供給を目指します。

まとめ

というわけで、まとめるとこんな感じです。

・切り替えることで電気代が安くなる可能性がある。
・ライフスタイルに応じて色んなプランを選ぶことが可能。
・電力会社やプランによっては解約時に違約金が発生することもあるから注意。
・切り替え方法は簡単。比較が面倒臭ければ一括見積を活用すべし。
・切り替えても電気は安定して供給されるから、その点は心配なし。


家庭の電気代をもっと安くしたい、自社の経費を削減したいと考えている人は大いに検討の余地アリです!

ではっ!!

-節約

Copyright© ユノタロウのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.